1. TOP
  2. 活性炭の用途
  3. その他(特殊用途)

その他(特殊用途)

触媒

有用な有機化学反応を進めるため、パラジウム、ロジウムなどの貴金属を多孔質の固体に付着(担持)させた貴金属触媒が利用されています。触媒の担持に用いられる固体にはいくつかの種類がありますが、活性炭はなかでも比表面積が高いこと、熱、薬品に対する安定性が優れている特徴があります。

担体名 性状
活性炭
  • 比表面積:800~2000m2/gと高い
  • 熱、酸・アルカリに対する安定性がある
アルミナ
  • 比表面積:100~300m2/g
  • α・γ・η型が触媒担体によく用いられる
  • 比較的安価である
  • 耐熱性・耐アルカリ性がある
シリカ
  • 比表面積:200~600m2/g
ゼオライト
  • 比表面積:350~900m2/g
  • A・X・Y型・モルデナイト・エリオナイト・ZSM-5が触媒担体によく用いられる
  • ゼオライトの種類により異なる細孔径の担体を得ることができる
チタニア
  • 比表面積:40~100m2/g
マグネシア
  • 比表面積:50~200m2/g
  • 塩基性である
  • 空気中の二酸化炭素や水を強く吸着する

触媒用活性炭に求められる特性と当社活性炭の特徴

  1. 比表面積、細孔容積などの細孔特性の制御
    →賦活条件を変更することで、目的の比表面積・細孔容積になるよう調整しています
  2. 硫黄分、金属含量などの不純物量の低減
    →原料選択、洗浄条件の最適化により不純物量を低減しています
  3. 反応系、分離回収に適した粒度(粒度分布)
    →成形粒度の調整、粉砕粒度の制御、粒度分布調整条件の選定により、用途に合わせた粒径に揃えています

触媒担体用活性炭

銘柄 特徴
白鷺FAC-10 粒度を調整することによりろ過速度が早く、磨耗ロスが少ない為、触媒担体に適した活性炭です。精製度を高め、純度が高いのも特徴です。
粒状白鷺C2c 高度に精製した破砕状活性炭で、不純物が少なく、化学反応における固定層、流動層における触媒、触媒担体として機能を発揮します。
粒状白鷺C2x 高度に精製したペレット状活性炭で、不純物が少なく、化学反応における固定層、触媒、触媒担体として機能を発揮します。

電気二重層キャパシタ

電気二重層キャパシタとは?

キャパシタとはコンデンサとも呼ばれ、電気を一時的に蓄える働きをする電子素子(デバイス)です。電池は化学反応を起こして電力を得ますが、キャパシタは、外部から与えられた電気エネルギーを蓄えておくものです。
電気二重層キャパシタとは、右図に示しましたように、電圧をかけることで、電解質を浸した活性炭の表面にプラス、マイナスの電荷をもった層が形成されることを利用したキャパシタです。

電気二重層キャパシタ

特徴

  • 物理的な吸脱着であり、化学反応を伴わない → 急速大電流の放電
  • 半永久的に充放電が可能
  • 重金属等を使用せず、環境にやさしい

用途

  • メモリバックアップ用
  • ハイブリッド型自動車用電源