INTERVIEWインタビュー

営業

06自らの手で製品の将来を切り拓き
よりよい世界へ

ファイン材料事業部

洲﨑 恒平

2019年入社

入社の決め手

私は「社会人になったら日本の技術力を世界に今一度アピールしたい」との思いで、就職活動をしていました。そんな中、採用担当の方から「当社の素材がもし仮に全世界で使われたなら、世界中の生活水準がワンランクアップする」という話を聞きました。自分の扱う製品が広く世の中に影響を及ぼすこと、またそれが人の役に立つ仕事であることに魅力を感じ入社を決めました。

現在の仕事

初めてのことにも恐れず、
挑戦しながら成長していく

入社後は、顧客提案・技術資料作成・試作立会・展示会出展を担当し、現在はマーケティングにまで幅を広げて対応しています。社会人経験が浅く化学系の出身でもない私にとって初めてでわからないことも多く不安を感じることもありますが、初めての仕事でも、「とにかくまずやってみること」を大切にしています。やってみれば何らかの結果が得られ、もしうまくいかなかったとしても得られた結果から問題点を洗い出し、修正し、再度取り組むことができます。上司や先輩もしっかりサポートしてくれるため、「何事も実戦に勝るものなし」と考え、思い切って挑戦しています。

仕事の魅力

未来をどう描くかは自分たち次第

仕事に対して魅力を感じている部分は、まだ知られていない製品を世に打ち出すことができるという点です。その製品にどのような価値をつけるのか、どのような市場にもっていくのか、すべて自分たちで絵を描けることが最大の魅力です。また、私の部署では大阪ガスケミカルの製品だけでなく、大阪ガス(株)エネルギー技術研究所の開発品のマーケティングも協業で行っています。少数精鋭で小回りのきく対応力と豊富な開発資源を持ち合わせているということもまた、魅力の一つだと思います。

将来の目標

自らの手で製品に価値を付与し、発信する

マーケターとしてキャリアを磨きたいと考えています。新製品を世に打ち出していくことももちろんですが、既存製品に新たな価値を見出していくこともマーケターとして大切な仕事。製品の特性を生かせるかどうかは自分次第なので、今後も必要なスキルを積極的に身に付けて、「洲﨑に製品を持っていったら何かやってくれるぞ」と周りに期待されるようになりたいです。

学生のみなさんへのメッセージ

自身で可能性を狭めず、
チャレンジする気持ちを大切に

当社はチャレンジ精神を大切にしてくれる社風だと思います。バックグラウンドが異なるからと自身で可能性を狭める必要はありません。先にも言いましたが、私自身化学系出身ではないため入社前は不安だらけでしたが、当社では若手のうちからたくさんの経験を積むことができ、そして分からないことがあれば先輩や上司が手厚くフォローしてくれるので今は何の不安もなく仕事に取り組めています。
大事なのは挑戦する気持ちと、どうなりたい・どう在りたいかという志だと思います。世界を相手にビジネスをしたい、最先端の技術・製品に触れたいという方は、是非当社をご検討ください。