大阪ガスケミカル採用情報

  • 大阪ガスケミカルとは
  • 目指す姿
    • 新規材料・新規技術の獲得
    • 海外展開
    • 人材の強化
  • 求める人物像
  • 仕事紹介・先輩社員紹介
    • 研究開発 福西 佐季子
    • 研究開発 小林 綾子
    • 国際事業推進 境堀 智裕
    • 営業 堂本 和臣
    • 総務 牧野 稔也
    • 品質管理 川原 博司
  • 福利厚生・研修制度
  • 募集要項
    • 新卒採用
    • キャリア採用
  • 採用Q&A
  • 採用トップへ
  •  
  • 採用カタログはこちら
  • 日本エンバイロケミカルズ株式会社

目指す姿

大阪ガスケミカルは、
「ニッチな市場でキラリと光る」から「化学業界で大きな存在感のある」企業グループに生まれ変わり、これからもお客様に優れた製品をご提供しつづけていきます。

今、大阪ガスケミカルグループは、大きな変貌を遂げようとしています。

単に素材をご提供するだけでなく、優れた配合・加工技術をフルに発揮して、お客さまがお求めになる機能を実現する材料ソリューション事業へと発展させる、それによって、「ニッチな市場でキラリと光る」企業グループから、「化学業界で大きな存在感のある」企業グループへと生まれ変わる・・・そんな夢に向かって、私たちは日々、前進を続けています。

そのために積極的に取り組んでいるのが「新規材料・新規技術の獲得」、「海外展開」そして「人材の強化」です。

新規材料・新規技術の獲得

「新規材料・新規技術の獲得」は最重要課題のひとつであり、持続創出型R&Dの実現に向けて、2012年4月に、新たな研究開発組織である「フロンティア マテリアル研究所(Frontier Materials Laboratories)」を設立しました。

「フロンティア マテリアル研究所」では、既存組織の垣根を越え、大阪ガスケミカルグループの既存材料の新しい可能性の追求および新規材料・技術の開発を進めています。

目下の主力事業であるフルオレンも、元はと言えば、わずか数人の研究者が、執念とねばりで生み出し、数十億円規模のビジネスに成長させたものです。このような、第2、第3のフルオレンとも言うべき次世代のビジネスの種を次々と生み出すという壮大な夢をもって、研究員はみな、燃える研究魂で日々、研究開発に取り組んでいます。

新規材料・新規技術の獲得

海外展開

新規材料・新規技術の獲得

「海外展開」も私たちの事業の生命線です。

大阪ガスケミカルグループの多くの事業は、今や、海外での販売が大半を占めていますが、伸び行く海外市場でのビジネスをさらに拡大すべく、行動力に長けた営業パーソンたちが、日夜、世界中を飛び回っています。

既に海外諸国に拠点を有し、様々な国籍の人材採用も積極的に進めており、今後これらをより一層進めていきます。

なお、「新規材料・新規技術の獲得」や「海外展開」は、自グループで推し進めるだけでなく、M&Aによる獲得も図っていきます。そのために専門部署を設置し、積極果敢に案件の発掘・検討を進めています。

人材の強化

「人材の強化」は特に、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。

グローバル人材育成制度の整備を図り、国籍に関係なく、多様な背景・能力を持つ人材の採用・育成を推進していくとともに、社員全体の語学能力向上も図っていきます。

また、女性の活躍促進についても意欲的な取り組みを進めています。女性の積極的な採用、キャリア形成に向けた制度の充実化、より働きやすい職場環境を実現する諸制度の整備や職場風土の醸成等、実効性のある各種取り組みをより一層推進していきます。

なお、大阪ガスケミカルでは、各自の志向・適性などに応じて、様々な形で能力を発揮していただくことができます。

期待する職務上の役割および成長の方向性に基づき、4つのコースを設定し、コース別に人材像を明確化したうえで、採用、育成、評価、処遇を行います。

ページトップ