1. TOP
  2. 製品一覧  樹脂添加剤
  3. 複合材料用相溶化剤

マリコン®とは

ポリエチレン製ガス管廃材の有効利用を目的に、大阪ガスで生まれた技術です。
相溶化剤「マリコン®」の配合により、通常は混ざり合わない樹脂同士や添加剤との混練を可能にします。

マリコン

マリコン添加による効果

マリコン添加による効果

マリコン添加による差異

配合
PE/PET/マリコン
引張 曲げ IZOD
衝撃強度
(J/m)
ノッチ有
最大点
応力
(MPa)
破断
伸び
(%)
最大点
応力
(MPa)
弾性率
(MPa)
20/80/0 41 42 45 1400 25
15/80/5 43 385 48 1450 110

※上記の値は代表値であり、保証値ではありません。

PE/PETアロイの引張試験後のサンプル
PE/PETアロイの引張試験後のサンプル
(上:マリコンなし、下:マリコンあり)

製品ラインナップ

製品名 マリコン
B100
マリコン
C200
マリコン
C300
マリコン
C520
マリコン
G200
マリコン
J500MB
グレード PE/PETコンパウンドグレード マスターバッチ
グレード
備考 高流動 高衝撃 高粘度・
高衝撃
高粘度 高衝撃・
柔軟性
PET/マリコン
=7/3
PET/マリコン
=8/2
PET/マリコン
=9/1
MFR 280℃/2.16kg
(g/10min)
11 1.0 0.3 0.1 0.8 1.8
(単体)
1.8
(単体)
1.8
(単体)
引張強度(MPa) 46 40 38 35 17 32 41 44
引張伸び(%) 800 820 730 600 530 >800 800 400
曲げ強度(MPa) 48 38 38 45 14 43 52 59
曲げ弾性率(MPa) 1500 1200 1200 1400 400 1300 1600 1800

※上記の値は代表値であり、保証値ではありません。成形条件により、物性は変動します。
※ご要望により、上記以外のグレードの材料開発も行います。下記お問い合わせ先まで、お気軽にご相談ください。

用途例

PEとPETの混練を可能にし、樹脂配合比を変えることにより、単独樹脂では困難な用途や成形方法にも広く適用できます。

  • 押出成形イメージ
    押出成形
  • インフレーションフィルムイメージ
    インフレーションフィルム
  • Tダイシートイメージ
    Tダイシート
  • 射出成形品
    射出成形品

粘度

従来リサイクルが困難なラミフィルムなどの樹脂複合廃材にマリコンを配合することによって、実用的な物性を持つ樹脂へとリサイクルが可能になります。

樹脂複合廃材にマリコンを配合 リサイクル