1. TOP
  2. 製品一覧  ファイン材料
  3. エポキシ硬化剤

多官能フルオレン系フェノール硬化剤

剛直なフルオレン構造を有しているため、耐熱安定性、高Tg、高弾性率が期待されます。

官能基数 多官能 参考
製品名 NV-203-R4 フェノールノボラック
外観 淡黄色固体 -
水酸基当量(理論) g/eq 194 105
軟化点 130 82
耐熱性(5%重量減) N2雰囲気化 320 279
溶剤溶解性 MEK(20wt%)
MEK(50wt%)
シクロヘキサノン(20wt%)
シクロヘキサノン(50wt%) ×

*溶解性の表記 ◎:室温で溶解 ○:加温時(50℃)溶解

硬化物データ(硬化剤:クレゾールノボラックエポキシ、硬化触媒:TPP、硬化条件:175℃×5h)

NV-203-R4 フェノールノボラック
Tg(DMA)(℃) tanδ
JIS K 7244
188 182
Tg(TMA)(℃) JIS K 7197 172 170
線膨張係数 α1
[ppm]
72 68
曲げ弾性率(25℃)[MPa] JIS K 7171 3730 3180
      (260℃)[MPa] 28 80

潜在性硬化剤(OGCure)

OGCure CE-110は、超分子技術を利用した、エポキシ用潜在性硬化剤です。
OGCure CE-110を用いたエポキシ樹脂組成は、ポットライフが向上します。

製品基礎データ

製品名 OGcure CE-110
外観 白色固体
水酸基当量(理論) g/eq N. A.
軟化点 N. A.
耐熱性(5%重量減)
N2雰囲気下
N. A.
溶剤溶解性 MEK(20wt%)
MEK(50wt%) ×
シクロヘキサノン(20wt%)
シクロヘキサノン(50wt%)

*溶解性の表記 ○:室温で溶解 △:加温時(50℃)溶解 ×:不溶

硬化物データ(組成:Bis-Aエポキシ 100phr、OGCure CE-110 10phr)

OGCure CE-110
Tg(DMA)(℃) tanδ
  JIS K 7244
139
Tg(TMA)(℃) JIS K 7197 137
線膨張係数 α1
[ppm]
72
曲げ弾性率(25℃)[MPa] JIS K 7171 2950
      (260℃)[MPa] 58
  • ポットライフの向上

    ポットライフの向上
  • 発熱特性

    発熱特性