1. TOP
  2. フロンティア マテリアル研究所

フロンティア マテリアル研究所

フロンティア マテリアル研究所は、将来成長が期待される分野での新たな材料の創出や新規技術による事業分野の拡大、各事業に関わる材料技術を基盤とした新規用途の開発を継続的に実施していくことを目指しています。
フルオレンやポリシランといった特長的な機能性材料を起点に、高度化するデジタル家電の分野などで高まっている高屈折率や高耐熱性、光反応性などの要求に応える様々な素材の開発をはじめ、さらに有機合成技術、樹脂成形加工技術および配合技術のプラットフォームを活用して、環境問題や生産性向上、食と健康ニーズなどに対するソリューション技術の開発を行っています。

フロンティア マテリアル研究所
フロンティア マテリアル研究所

有機合成分野半導体、光電子材料向け新規モノマーの開発

有機合成技術の深耕

これまでに培ったフルオレンを始めとする石炭化学技術をベースに様々な新規化合物、合成技術を深耕しています。

有機合成技術の深耕

フルオレンセルロースファイバー

セルロースファイバーは、植物由来の高強度材料であり、新たな補強材や増粘剤として注目されています。当社のフルオレンセルロースファイバーは疎水的で分散性を高めており樹脂への馴染みが良いです。

フルオレンセルロースファイバー

ポリシラン

ポリシランはケイ素を主鎖とする材料で撥水性、防錆性、酸化防止性、高耐熱性、高屈折率、光反応性を有しています。
樹脂添加剤用途、コーティング用途、レジスト材料として適しています。

ポリシラン

重合・コンパウンド分野光電子材料の開発、樹脂改質剤の開発、カーボン分散材料の開発

ポリエステル樹脂フィルム(OKP)

カメラレンズ向けOKP樹脂を原料とした高機能光学フィルムです。
高屈折、低レタデーション、高耐熱性など、他のフィルムにはない特徴を併せ持ち、ディスプレイ等の表示材料向けに開発をしています。

ポリエステル樹脂フィルム(OKP)

樹脂改質剤

OGSOL MF-11に代表される新たなコンセプトの樹脂改質剤を開発しています。各種結晶性・非結晶性樹脂との相溶性に優れ、樹脂本来の物性を損なわず、流動性を向上できることを特徴とし、樹脂の成形加工性を改善します。

樹脂改質剤

CNTコンパウンド樹脂

新たに開発したカーボン分散技術は、従来の技術では成しえることができなかった”成形性(流動性)”と”高導電性”の両立ができます。本技術を応用することで、カーボンの凝集体を大幅に抑制した高導電性コンパウンドや高漆黒樹脂などに応用できます。

CNTコンパウンド樹脂

新規シーズ探索分野環境・ヘルスケア・スマートアグリカルチャ向け新規材料の開発

非溶出型抗菌剤

これまでの抗菌材では、有効成分の環境放出(溶出)型のため周囲環境が成分で汚染されてしまっていましたが、新開発の非溶出型抗菌剤では、周囲環境の汚染が無く、安心・安全を実現しています。

非溶出型抗菌剤

新規ナノ材料

ナノ分散技術をコアとし、光増感型太陽電池向けなどに使用できるチタニア材料の開発を行っています。
その他、空隙構造を保持した低密度多孔質基材であるエアロゲルの開発を行っています。

新規ナノ材料

フロンティア マテリアル研究所 技術パンフレット(PDF)

カタログ
Adobe Reader
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe Systemsのホームページで無料ダウンロードできます。